【ハルネギャラリー】大正おだわら散歩-小暮次郎の作品からたどる100年前の小田原市街-

 大正時代の小田原には、後の箱根登山鉄道となる小田原電気鉄道や小型蒸気機関車を使用した軽便鉄道が走っており、大正9年には、東海道線の小田原駅も開業し盛大な祝賀イベントも催されました。

 今回のハルネギャラリーでは、そんなかつての小田原の情景を、少年時代の記憶や当時の写真などを手掛かりに数多く描いた小暮次郎の作品を展示し、当時小田原のまちなかを走っていた小田原電気鉄道の軌道に沿い、途中の寄り道を加えてご紹介します。

 展示をご覧になった後、かつての面影や新しい出会いをみつけに小田原の市街地散策に出かけてみませんか。



展示期間 平成29年7月1日(土)~8月31日(木) 

       前期:7月1日(土)~7月31日(月)

       後期:8月1日(火)~8月31日(木)

主催 小田原市郷土文化館



 

tenshu_info