【菜の花ヴィレッジ】「Afa 真砂三千代 春の衣」

【作家在廊日についてのお知らせ】*3/27追記
3月28日(土)は、作家の真砂三千代さんが在廊予定でしたが、足を痛められ、ご来店頂くことができなくなりました。
楽しみにされていた皆さま、申し訳ありません。
『足は快方に向かっています。皆さんにお会いできず残念です』と、真砂さんからのメッセージです。


年に2回、春夏と秋冬に展示会をしている

Afa 真砂三千代さんの衣ー服は、

とても美しいです。

着る人を美しく見せる服・・・

・背中から裾にかけての流れるライン

・袖を通すとほっと安らぐ、着心地の良さ

・良質な素材だけが醸し出す、上品な雰囲気

菜の花では、真砂マジックと呼び、多くのお客様を更に美しく、素敵にしてくれます。

 

鏡に映るご自分の姿が、いつもよりもっと素敵で、生き生きと弾んで見える。正に、真砂さんの服の持つ力が、魅力を引き出してくれるのです。

 

そんな素敵な服を生み出してくれる、真砂三千代さんの仕事への姿勢は、憧れを抱くカッコ良さ、

初日、20(金曜日・祝日)、28日(土曜日)には在廊して、皆さまに

おしゃれで素敵なコーディネートをお勧めくださいます。

 

菜の花スタッフ皆が憧れる、真砂三千代さんに

是非お会いになられて下さいませ。

店内を彩る、春の衣ー服を手に取り、鏡に合わせ

ご試着頂きたいと思います。

 

真砂マジックの世界にご納得されること

間違いないと、スタッフ一同、自信を持って申し上げます。

菜の花は、皆、元気でおります。

皆様のお越しを、心よりお待ち申し上げております。