【菜の花 暮らしの道具展】安土忠久 初夏のガラス


安土さんのグラスは、温もりがある

(たなごころ)で感じる

こちらに寄り添ってくれる

フォルムのやさしさ

満たされる重厚感


安土忠久さんと菜の花は、35年という長い長いお付き合いを重ねて来ました。

飛騨の高山の、山奥の緑深い林の中に、安土さんの工房は在ります。

朝から暗くなるまで、坩堝(るつぼ)の火と向き合い、人生の全てを、ガラス制作に賭けていらした安土さんは、作家さんというより、職人さんと言った方が似合う方です。


菜の花では、茶房で使い、店主高橋もスタッフも愛用し、

菜の花と共に、グラスも店も歳を重ねて35年。

丈夫で常に存在してくれている、ガラスなのです。


大変な状況の中ですが、菜の花の展示会のために

 生ききるように吹いています』

と日々制作してくださった安土さん。

素敵な花器やサラダ鉢、種類様々なグラスや皿など沢山のガラスをご紹介いたします。


まだまだ不安な日々が続いております。

スタッフ皆マスク着用、アルコール消毒をして、距離を保ってのご接客に一層気をつけております。

お買い物やご用のおついでに、仕事のお帰りに

お立ち寄り頂き、手に取って下さいましたら幸いです。

 

尚、お電話やメールでのお問い合わせも承ります。

TEL  0465222923

MAIL  douguten87@gmail.com

 

菜の花暮らしの道具店

スタッフ一同